小さい子供にお風呂は毎日必要?親子に優しいカナダの合理的なお風呂の決まり

A baby in a bucket playing with water

カテゴリー

小さい子どもや赤ちゃんをお風呂に入れるのって一仕事ですよね。特に、パパやママが一人の時。その上、時には2人以上の子どもをお風呂に入れるなければならない!

冬にはお風呂の後、身体が冷えないように、風邪ひかせないように。

本当、一仕事というか夜寝る前の大仕事。わたしも子どもたちが小さかった時は、お風呂が終わるまでは気持ちがリラックスできませんでした。

「子どもは毎日お風呂に入れないと不潔」これが疑いもしなかったわたしの常識でした。

でも小さい子どもや赤ちゃんを毎日お風呂に入れるのは絶対に必要なんでしょうか?

毎日お風呂に入らないカナダの小さい子たち

デイケア運営

わたしはカナダで、デイケアを運営しています。幼稚園に入る前のちびっ子たちを数人自宅で預かっているのです。カナダの働くママたちのサポートです。

日本にいた頃から子どもが好きで、子どもに関わる仕事がしたいと思って中学校の教員免許もとりました。

日本では英会話スクールの講師、中学の非常勤講師、自宅で幼児に英語を教えるなど色々経験しました。

カナダでデイケアを始めるのはわたしにとって大チャレンジでしたが、今ではカナダのママたちの子育てカウンセラーみたいな役目もしています。

カナダのママたちは日本の子育て法に興味しんしんで色々質問もされます。

と前置きが長くなりました。そういう理由で小さい子どもを持つ大勢のカナダのママやパパたちと知り合うことになりました。もちろん大勢の子どもたちとも。

毎日ではない小さい子どものお風呂スケジュール

ある日1組の親子が家に帰るとき、ママが「今日はお風呂無しの日だから、夕食のあとでリラックスできる」と言いました。

わたしは ?? そして「今日はお風呂入らないの?何か理由があって?」と聞くと「1日おきだから今日は入らない日だよ」とのあっけない返事。

『子どものお風呂は1日おき』、お風呂は子どもも大人も寝る前に毎日入るものと思っていたわたしには衝撃的でした!

そして他のママやパパたちにもお風呂について聞き始めました。驚いたことにほぼ80%くらいの人たちが子どもにお風呂は1日おきと答えたのです

これは秋、冬そして春先の涼しくてそんなに汗をかかない時期のことです。夏はほとんどの人が毎日お風呂またはシャワーさせているといっていました。

涼しかったり寒い時期でも汗をかく、泥だらけになる、とても汚れたなどの時も同じでお風呂やシャワーをしています。

子どもを毎日お風呂に入れないとどうなる?

小さな子どもが毎日お風呂に入らないとどうなる?

わたしの感想ですが、毎日お風呂にはいっている子どもたちと入ってない子どもたちはどちらも同じように見えます。不潔感とかは本当に全くありません!

調べてみると、カナダの多くの子どもの健康関連のサイトは「週に2-3回」のお風呂の回数を勧めています

この回数を勧める第1の理由は毎日のお風呂は小さい子どもの肌を乾燥させすぎる。ということでした。

同じサイトは、子どもが11-12才くらいになり思春期にかかり始めたら毎日のシャワーを勧めるとありました。そのくらいの年齢にかかると活動的になるし、思春期特有の体臭その他色々な事情からだと思います。

実際デイケアのママやパパたちも小児科医から同じようにアドバイスを受けたと教えてくれました。

子どものお風呂は毎日、1日おき?

子どものお風呂の頻度はどちらでもいいのでは?と思います。毎日でも1日おきでも。2日おきとかなると病気でもない限りどうかな?とは思いますが。

日本だとほとんどの人は夜寝る前に入りますよね。入らないと気持ち悪いような気がする、寝つきが悪い、お風呂に入ると1日の疲れがとれるなど。

カナダに来て、日本はお風呂が生活の中にしっかり根ずいている、お風呂文化だと気がつきました。

わたしも特に冬の寒い時期に、お風呂であったまってホッとするあの感覚は大好きです、その日にあった嫌なこともサッパリ洗い流して。

カナダでは大人の場合、大勢の人が朝起きて最初にすることはシャワーを浴びることです。シャワーを浴びないと目が覚めない、1日が始まらない、出かけられないとか聞きます。

きっと眠くてもシャワーで気合いを入れるんでしょうね(^^)

小さい子どもはというと、日本でもカナダでもお風呂が大好きな子もいるしそうでない子もいます。

機嫌の悪い子をお風呂に入れるのはとても大変な作業で、リラックスどころか考えただけど気が重くなってしまいます。そんな時は本当に重労働といっても大げさではありません!

子どものお風呂、親の事情

デイケアのママやパパたちは、お風呂のない日は夕方家に帰ってから気持ちが急かされないと言っていました。

その分夕食をゆっくりしたり、寝る前の子どもに本の読み聞かせ時間が長くなり「早く、早く」とそんなに言わなくて済むと。

忙し過ぎるワーママ、パパも少しホッとできる時間ができハッピー(^^)

そしてもちろん変な罪悪感も全くなく!そういって小児科医からアドバイスされているのでそれに従っているだけなのです。

最後に

所変われば品変わる

お風呂の件は、文化の違いで色んな考え方があるんだと知ることになりました。

小さい子どもをお風呂に入れるのは、毎日でも1日おきでもどっちでもいい。正解はなし!

大切なことは、親子ともにストレスを少なく、なるべくイライラせず笑ってられる方(^^)を選べばいいと思った私でした。