【溶連菌って英語で何ていう?】カナダで感染、病院に行った体験談

Lemon tea eyecatch

カテゴリー

溶連菌っていう名前、聞いたことありますか?

かかったことありますか?

 

今までに経験したことないような喉の痛み。大げさではなくまるで喉に火がついたようでした。

 

のどの痛さがハンパではないこの溶連菌感染症。風邪の一種ですが、かかってみるとのどを完全にやられてしまいました。

そして溶連菌にかかったのは日本ではなくカナダ。

日本に住んでいる時も溶連菌に関しての知識は、あまりありませんでした。そして今回、英語で溶連菌の名前と対応を勉強することに。

 

このやっかいな風邪の一種の溶連菌、一体英語ではなんというのでしょうか?

溶連菌って英語で何ていうの?

A drawing girl being sick in bed

溶連菌は英語で

strep throat/ストレップ スロート

といいます。

 

ここから先はわたしの溶連菌/ストレップスロートの体験談とクリニックにいった時のドクターとのやりとりです。

 

これ以上我慢できずクリニックに行った日の夕方には、のどの痛みも最高潮!

のどに火がついたように痛いという言葉がまさしくピッタリでした。

待ち時間が約2時間、この待っている時間がとても長く感じられました。

 

担当のドクターに会うとすぐ、“ My throat is on fire!と感じたそのままを訴えました^^

”Help!!”とはさすがにいいませんでしたが、そんな痛さだったのです。

 

ドクター、My throat is on fire!

 

「のどに火がついたみたい !」と日本語をそのまま英語に訳して伝えました。実際のところ、その通りでした。

ドクターは、口を開けた私ののどをチラッと見て扁桃腺の辺りをさわりました。そして、

 

「 はい、strep throat/ストレップ スロートだね。抗生剤を10日分のんで、休養をとってね。」とのアドバイス。

Doctor:Yes, it’s strep throat. Take the antibiotics for 10 days and rest.

 

  • strep throat →溶連菌
  • antibiotics →抗生剤
  • rest →休養する

 

そして抗生剤を飲み始めてから24時間経つまでは、周りの人に移る可能性ありだということも。

 

もうそれまでに周りの人に移してしまったかも⁈ということで次の日の木曜日は仕事をお休みにすることに。 

 

思い出してみたら、ストレップ スロートというのどがとても痛い風邪の一種に56年前にもかかたことを思い出しました。

前回はあまり気にせず出された薬を飲んで終わり!

今回はこのストレップ スロートについてちょっと調べてみようという気になりました。

溶連菌の体験談

A girl being sick in bed

cold and fever

ドクターから「ストレップ スロート」と言われた時、日本語では何ていうんだろう?とまず思いました。

英語名 ストレップスロート 

絶対、日本でも「ストレップ スロート」ってあるはずだよね。

 

調べてみると、溶連菌という言葉が。

オンライン翻訳とかでいくつか例を見てみると、「溶連菌感染= strep throat/ストレップ スロートという事が分かりました! 

「溶連菌感染症」という言葉は以前聞いた事があるような気もするけど、日本でかかった事はありませんでした。

 

溶連菌感染症っていう言葉、聞いたことあるような、ないような?

 

わたしは成人してかなり経ってからカナダに引っ越してきました。

なので大抵の病気関係の言葉は、頭の中で日本語で理解してそれから英語に翻訳というパターンになります。 

この溶連菌に関してはストレップ スロート2度ドクターに言われ、のどの物凄い痛みを味わって体験しています。

なので頭の中に言葉で残っているのは、溶連菌感染症ではなく英語のStrep throat/ストレップ スロートです。

 

とにかくこのストレップ スロート発熱を伴って、喉に火がついたようにものすごく痛い!そして身体全体が凄く疲れていました、、、、

溶連菌ってどんな病気?

溶連菌感染症は主に子供がかかることが多いようですが、大人も感染することがあります。

わたしの経験からの症状です。

主な4つの特徴
  • 喉が火がついたように痛い
  • 扁桃腺が腫れ上がる
  • 喉の痛み始めに高熱が出て、その後に微熱が続く
  • とても疲れていて横になりたくなる

大人の症状:喉の痛みと嫌な予感

coffee cup with kleenex

溶連菌/ストレップスロートの始まりはこんな感じでした。

 

日曜日の朝、起きると何だか嫌な予感が。つばを飲み込むと、のどが痛い。やだなぁ、と思ってすぐ塩水でうがいをしました。

その日の午後、薬局に行き薬剤師さんに症状を説明しました。

 

薬剤師さんのアドバイスは、うがいをし続けるようにと。この時点で特にわたしが買える薬はないと説明してくれました。

かぜ薬の、のど関係の多くは咳止めで、咳の症状は全くなかったからです。

 

夕方から何だか身体が凄く疲れたように感じました。顔が火照っているような気がして熱を計ってみると37.5℃。

特に高熱ではないけど、普段平熱が35℃台の私にしたら熱が出た!っていう感じがしました。

風邪がその頃流行っていたし、日曜日の時点では誰かから風邪を移されたかな?ぐらいにしか思いませんでした。

のどの腫れが気になる?

A hand holding thermometer

火曜日の夜、のどがすごく痛いし熱もまだありました。何気なく両手で両耳の下辺りを触るとこれは絶対腫れてる!それに触るとかなり痛みます。

よく病院で風邪関係の検査の時、「ここは痛いですか?」と触られるまさにその場所です。

扁桃腺?何だろう、よく分からないけど日曜日から熱が上がったり下がったりしているのはこれがきっと原因だというのは明らかでした。

そして水曜日の仕事の後、近くのクリニックに行くことにしたのです。

溶連菌に感染した時はどうすればいいか?

A girl holding her throat

風邪の一種で、溶連菌ということを知らずに治る事もあるみたいですが、溶連菌だと診断された場合は抗生剤を10日間ほど服用します。

もちろん病院に行かないと抗生剤はもらえませんよね。

 

抗生剤を服用し始めて24時間くらい経つと、熱も下がり周りへの感染力もなくなります。

知らずに治る事もあるとのことだけど、私の場合、喉が凄く痛かった‼︎ 大げさな様だけど本当に我慢ができないくらいの痛みでした。

痛すぎてツバが飲み込めない。こんな痛み、不快感で病院に行かないなんて私には考えられませんでした。

 

喉の痛みと微熱のせいで、熱が下がり始めるまでは食欲もあまりありませんでした。

普段の生活をしていましたが、体の疲れ具合がひどく機会があれば座ったりソファで横になったり

 

少しのどが痛いと気がついた日曜日。抗生剤を服用して24時間経った木曜日の夜まで5日間の溶連菌感染症状が続きました。

 

もう少し早くクリニックに行っていればこの苦しかった時間を短くできたなあ。

 

あと3錠で抗生剤も終わり。抗生剤を服用し始めて2日くらいすると急にのどの痛みも収まり体も楽になってきます。

あとは与えられた薬を最後までのみ切るだけ。

本当に5日間は苦しいの一言の溶連菌感染。終わって本当にホッとしています。

 

まだインフルエンザシーズン真っ盛り!

「これから数年は溶連菌には絶対かかりたくない!」と思うくらいのどのひどい痛みを伴った今回の風邪体験でした。

のどの痛みが必要以上にひどくて高熱も伴っていたら、病院に行くことをぜひお勧めしますよ。

次回は(そんなことになったら嫌ですが)わたしも速い行動をとること間違いなしです!

まとめ

思いがけず、「ストレップ スロート」という英語を学習することになりました。

 

大事なポイント
  • 溶連菌は英語で、strep throat/ストレップ スロート
  • あまりにのどの痛みがひどかったら早めに受診しよう

 

わたしのこの体験が少しでも他の人の役に立ちますように。