カナダ・ティムホートンズのおすすめドーナツ&コーヒーを注文してみる!

Eyecatch for Tim Hortons

カテゴリー

カナダで街を歩いたりドライブしたりすれば必ず目に入るのが、カナダのファーストフードチェーン店ティムホートンズ(Tim Hortons)。

ファーストフードといっても、ハンバーガーのお店ではありません。

ティムホートンズで有名なのは、ドーナツとコーヒー。(他のメニューもありますよ!)

 

カナダではティムズ (Tim’s)やティミーズ (Timmy’s or Timmies)というニックネームで呼ばれ(ティムホートンズはちょっと長いよね)子どもからお年寄りまで、このお店を知らない人はいません!

 

ティムホートンズ(Tim Hortons)はただのファーストフードチェーン店ではなく、カナダの文化だとわたしは思うよ。

ティムホートンズ(Tim Hortons)とは?

カナダで最も大きな、ドーナツとコーヒーのチェーン店。

1964年にオンタリオ州ハミルトンで第1号店がオープン。その後国内で急速に拡がり、カナダで最大のファーストフードチェーンとなっています。

創業者のティム・ホートンはNHLのプロホッケー選手でした。

そのせいもあってか、ティムホートンズ(Tim Hortons)は子どものアイスホッケーリーグやスポーツを大きくサポートしています。

 

カナダの子どものスポーツ関連の記事はこちらをどうぞ!

【カナダの子ども達のスポーツ事情】種類・費用・親の関わり方など

2020.02.25

 

カナダ国内で約4300店、アメリカには600店以上のティムホートンズがあります。

 

カナダだけで約4300店っていうのはかなり多いよね?

free

わたしの家から半径7km以内ティムホートンズが19店もありました!やっぱり多い!

 

わたしの友人は月曜日〜金曜日まで朝6:45に車出勤。家を出たらまず最初に行くところはティムホートンズのドライブスルー。

彼女の1日はここでコーヒーを毎朝買うことから始まります。もう10年以上続いている日課(笑)

こういう人が意外と多いかも。朝ティムホートンズのドライブスルーはいつも車が長い列を作っています。

カナダ・ティムホートンズのおすすめメニュー

ティムホートンズで有名なのは何といっても、ドーナツとコーヒー!他にもメニューは色々ありますが、ドーナツとコーヒーのおすすめメニューを紹介します!

カナダ・ティムホートンズ ドーナツおすすめメニュー

ティムビッツ(Timbits)

Tim Hortons timbits

何といっても一口サイズなので食べやすい(^_^) サイズが小さいのでいろいろと違った味を楽しめます。

色々な味を混ぜて買え、とてもお手軽!

 

ちょっとした集まりにティムビッツのパッケージを持って行くと、みんなにとても喜こんでもらえるよ!
箱のサイズ 値段
10個入り $1.99
20個入り $3.99
40個入り $7.99

 

ハニークルーラー(Honey Cruller:280kカロリー)

ウェイビーな形が他のドーナツとの違い。そのせいか他のドーナツと比べて口当たりが軽い気がします。日本のミスタードーナツのフレンチクルーラーとよく似ています。

チョコレート ディップ(chocolate dip:200kカロリー)

Tim Hortons chocolate dip donut

チョコレート ディップも典型的な人気ドーナツの1つ!ふつうのドーナツの上にチョコレートのコーティング。

日本のミスタードーナツのチョコリングとよく似ています。

メープル ディップ (maple dip:200kカロリー)

Tim Hortons maple dip donut

カナダならではのドーナツ!ふつうのドーナツの上にメープルクリームがコーティング。コーティングがかなり気前よく、厚めにタップリ( ・_・)

 

日本から家族や友人がきてティムホートンズに行くと、これおすすめしてるよ!

 

アップル フリッター(Apple Fritter:310kカロリー)

Tim Hortons apple fritter

見た目はドーナツっぽくなくて、菓子パンのよう。シナモンたっぷりなので、シナモン好きの人にとてもおすすめ!

リンゴとシナモンは相性がいいもんね。

カナダは日本に比べてシナモン系のパンが多いような気がします。

サワークリーム グレイズ (Sour Cream Glazed:320kカロリー )

Tim Hortons sour cream glazed

しっとりとしてかなり甘め(*´ー`) 

 

ちょっとわたし的には甘すぎるかな?と思うけどカナダ人たちにはすごく人気のドーナツ。食べるときはコーヒーか紅茶を一緒に頼むのを忘れないでね!

 

ラズベリー (Rasberry:200kカロリー)わたしのおすすめ

Tim Hortons rasberry

これも見るからに甘そう、、、粉砂糖が上にいっぱい!中にはラズベリージャムが入ってます。

わたしの食べた感想は見た目ほど甘くない。なぜかこのドーナツは店頭にいつもあるわけではありません。

なのでこれがある時は、ラズベリーがわたしのいつもの定番でおすすめ!

ミスドではエンゼルクリームが大好きだったので、ちょっと似てるかなぁというのも理由(^^ゞ

 

もちろんこの他にもたくさんの種類のドーナツがあります。ある時期だけに出てくる種類も。

見た感じがかなり豪華な、何と名前が「ドリーム・ドーナツ」というのも何種類か出ています。

値段について
ドーナツの種類によって違い、1個$1〜$2.10

ドーナツはもちろんまとめ買いもできます。こんな感じのカラフルな箱に入れてもらえます。

A box to hold 6 Tim Hortons donuts
箱のサイズ 値段
6個入り $5.49
12個入り $8.99

カナダ・ティムホートンズ コーヒーおすすめメニュー

 

コーヒー

コーヒーは3種類あります。

  • オリジナル・ブレンド(Original Blend)
  • ダークロースト・コーヒー  (Dark Roast Coffee)  
  • デカフェ   (Decaf、カフェインなしのコーヒー)

 

サイズ 値段
Small 296ml $1.59
Medium 414ml $1.79
Large 592ml $1.99
Extra Large 710ml $2.19

 

エクストラ・ラージ710ml!!エクストラ・ラージの次のサイズは1L?

 

コーヒーの値段はとても良心的、大勢の人たちティムホートンズでコーヒー買うのがわかります。

おまけにコーヒーはマイルドで美味しいです!

ホットチョコレート(Hot Chocolate)

寒い冬にはこれが一番!

ティムホートンズのお店の中で飲んでも美味しいんだけど、外で「寒い、寒い!」って言いながら飲むのがまた美味しいんです!

小さな子供から大人までが楽しめるホットチョコレートです。

アイス・キャップ(Iced Capp)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

캐나다에선 #1일1팀홀튼 실천 🍩☕️

A post shared by foodie.jennie (@foodie.jennie) on

夏場のティムホートンズの飲み物の定番といえばこのアイス・キャップ!

ちょっと甘めに味付けしてあるフローズンコーヒー。夏になるとティムホートンズのコーヒーの替わりにこのアイス・キャップを飲みながら歩いている人をよく見かけます。

カナダ・ティムホートンズ コーヒーとドーナツを英語で注文!

Tim Hortons donuts shelf

それでは実際ティムホートンズのお店に出かけたつもりで、まずはコーヒーを英語で注文してみます!

コーヒーを英語で注文してみる

①コーヒーのサイズを伝える

②コーヒーに何をどのくらい入れるか伝える(ミルク、クリーム、お砂糖など)

③ティムホートンズで一番よくオーダーされるのは「レギュラー」。これは注文したスモールのコーヒーに、クリーム1杯とお砂糖1杯を入れてもらうこと。

 ”I’d like a small regular, please.” 

④「ダボー、ダボー」というオーダーもよく聞きます。これは注文したスモールのコーヒーにクリーム2杯とお砂糖2杯を入れてもらうこと。

 ”I’d like a small double-double, please.”  

 doubleは「ダブル」ではなく「ダボー」と発音しますよ(^人^)

⑤ミディアムのコーヒーにクリーム3杯とお砂糖3杯を入れてもらうのは、「トリポー、トリポー」。

 ”I’d like a medium double-double, please.” 

 お砂糖3杯はかなり甘そう、、、

 

わたしがティムホートンズでコーヒーを注文するとき。

 

Can I have a medium coffee with 2 cream and 1 sugar, please? (ミディアムサイズでクリーム2杯、お砂糖1杯お願いします!)

 

コーヒーを注文する時には色々な組み合わせができます。

  • ブラックコーヒー

 ”I’d like a black coffee, please.” 

  • ラージサイズでお砂糖1杯

 ”I’d like a large with 1 sugar, please.” 

  • ミディアムサイズでクリームではなくミルク2杯

 ”I’d like a mideum with 2 milk, please.”

double-doubl「ダボー、ダボー」はカナダの言い回しとして定着し、言葉の辞書にものっていました。

コーヒーとドーナツを英語で注文してみる

Can I have a Chocolate Dip and a medium regular, please? (チョコレートディップとコーヒーはミディアムサイズでクリーム1杯とお砂糖1杯でお願いします!)

 

Can I have 2 Maple Dips and a small  with 2 cream, please? (メープルディップ2個とコーヒーはスモールサイズでクリーム2杯でお願いします!)

 

Sour Cream Glazed and a small with 1 milk, please? (サワークリーム グレイズとコーヒーはスモールサイズでミルク1杯でお願いします!)

まとめ

カナダを訪れたらぜひ行ってみたいティムホートンズ。

探さなくてもそこら中にあるし、安くて美味しい!この値段だったら、何度か通ってお気に入りのドーナツを探せるかも。

今回は、

カナダ人が大好きな、

  • ティムホートンズでのおすすめのドーナツ
  • 英語でコーヒーを注文してみる

を紹介しました。

日本のミスドのドーナツと食べ比べてみるのも楽しいかも!