空港で買えるカナダのおすすめお土産13選!値段と品揃えを調査

Stuffed animals with words

カテゴリー

旅行中、いつも最後まで気になるのは家族や友人へのお土産を買うこと。

旅行の前半でこのお土産ショッピング終わらせておきたいんだけど、なかなか予定通りには行きません。

 

海外旅行ならこれはなおさらのこと、観光をまず第一に楽しみたい!

そして「お土産には何がいいんだろう?」とあれこれ考えているうちに日本に帰る日も近ずいてきて焦ったりしてしまうことにも。

 

お土産はとりあえず買ったものの、

 

もしかしたらまだ足りないかもしれない?

 

と思ってしまうことも。

大丈夫です、本当ですよ!そんな人たちのために、空港にはお土産屋さんがあるからです。

 

「空港のお土産屋さんは値段が高い」そんなイメージもあると思います。

今年の夏日本に帰る前に空港のお土産屋さんを利用して、品揃えと値段をチェックしてみました。

カナダ国内にある日本からの直行便がある空港のお土産屋さんは、売っている品物や値段はほとんど同じです。

今回はモントリオールにあるピエール・エリオット・トルドー国際空港内のお土産屋さんを紹介します。

【食べ物編】空港で買えるカナダのお土産

モントリオールのピエール・エリオット・トルドー国際空港から成田までは、夏の間毎日エアカナダの直行便が就航しています。

そのため日本人も大勢利用する空港です。

 

この空港内のお土産屋さんは品揃えも多く、カナダのお土産として思い浮かぶものは全て揃っていました

個人的にメープルシロップとメープルクッキーの値段はとても良心的だと思いました

 

免税店内だということもあり、ここで買った商品には消費税がかかりません。消費税分値段が安くなります。例えばバンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア州は12%、トロントのあるオンタリオ州では13%が消費税として課税されます。

 

空港で見つけたカナダのおすすめお土産、一部紹介させてください!

 

モントリオールのピエール・エリオット・トルドー国際空港は現在のカナダの首相ジャスティン・トルドーの父親の名前にちなんでつけられました。

ピエール・エリオット・トルドーも名首相として有名でした。親子2代の首相ですね。

【カナダのトルドー首相】ここまでイケメンと呼ばれる本当の理由とは?

2019.06.14

 

  • メープルシロップ
the shelf of maple syrup at the airport

まずはやっぱり、カナダお土産人気ナンバーワンのメープルシロップ

空港のお土産屋さんでも、目立つところにたくさん置いてありました。値段は街中のスーパーに比べるとやや割高。

でもスーパーでは売ってないような、いかにも「カナダのお土産です」というパッケージを見つけることができるのも空港内のお土産やさんならでは!

本場カナダでの【メープルシロップの作り方】おすすめのレシピも!

2019.04.07

ここモントリオールの空港では今まで見たことがなかった、アイスホッケー選手のパッケージを発見^^ これはビックリでした!

モントリオールはカナダの中でもホッケー熱が高いことで有名。だからこんなホッキー選手のメープルシロップの瓶も置いてあるのかもしれません。

 

How much?
ホッケー選手の瓶は200mlでC$20です。
  • メープルクッキー
The shelf of maple cookies at the airport

メープル関係でシロップの次にくるのはメープルクッキー。これもかなりの人気者!棚一面に、並べられていました。

チョコレート味と普通のメープルクリーム味の2種類、1箱24個入り。

空港で売っているメープルクッキーは、パッケージがいかにもカナダのお土産という感じです。箱はカナダの紅葉のシーズンの綺麗な写真。

 

わたしも日本に帰るとき、ほとんどのお土産は事前にそろえておきます。でもこのメープルクッキーを数箱空港で買うことは毎年恒例。

スーパーでももう少し安く買うことができます。でも友人にお土産として渡すときこの箱の方がカナダらしくて喜んでもらえるからです^^

 

How much?
3箱でC$18です。
  • ムースのふん
The shelf of snacks( moose drops) at the airport
何これ?ムースのふんなんて初めて見たよ!

 

少し変わったものを紹介!

英語では「Moose Droppings」。つまり奈良のお土産の「鹿のふん」類似品です〜

奈良は鹿、カナダはムース。

ムースは日本語だと「ヘラジカ」、カナダにたくさん住んでいる大きな「シカ」。でも見た感じは少しトナカイのような牛のような、、、

 

このお菓子はアーモンドをチョコレートでコーティングしてあります。このムースの顔がお茶目で缶も可愛いですね〜

 

How much?
125gでC$9です。
  • スモークサーモン
The package of smoked salmon

カナダといえば、サーモンを思い浮かべる人も多いですよね。サーモンはもちろん有名ですが、お土産としては持ち帰れません。

でも低温で燻製されたスモークサーモンなら、持ち帰ることが可能。このパッケージはカナダ先住民族によって描かれたアートを使っています。

 

スモークサーモンはおつまみにピッタリ。カナダではベーグルを食べるとき、スモークサーモンにクリームチーズをつけるのは欠かせません。

 

パッケージの重さが227gってどうして?ちょっと中途半端じゃない?

 

カナダでは重さを計るのにグラムじゃなくてポンドが使われることも多いよ。1ポンドは454グラムなので227グラムは半ポンドだね。

 

How much?
227gでC$24.95です。
  • アイスワイン
The whole shelf of ice wine

カナダのお土産ベスト3はメープルシロップ、サーモンそしてアイスワインです。

空港のお土産屋さんでも、他の商品に比べて値段も高いせいか目玉商品のよう。アイスワイン用のスペースも広く種類も豊富でした。

私はワインはあまり飲まないので、数人の友人にアイスワインの感想を聞いてみました。

 

美味しいけど、少し甘いかな?デザートワインだね。

 

アイスワインを飲んだ感想はみんなこんな感じでした。

カナダのアイスワインは、芳醇な香りと最高に滑らかな口あたりで知られる甘いデザートワインです。アイスワインはドイツ、オーストリア、米国でも生産されていますが、カナダは世界で唯一、非常に寒冷な気候のワイン産地ですから、ワイン醸造業者はこの非常に人気の高い製品の年間生産量を保証することができます。

アイスワインはつるに残したまま自然冷凍されたブドウから作られます。この過程により、高度に濃縮された天然糖と天然の風味を有する、とろりとした金色の液体が生成されます。

(カナダ農政省のホームページより引用)

サイズは200mlと350mlの2種類。お値段の方は、200mlでC$20前後から。

350mlの方は、C$40〜。C$100以上のアイスワインも何本か見ました。アイスワインは高いんだなあ、というのが個人的な感想です。

箱に入っているのもあるし、大事な方へのお土産にはいいのではないでしょうか?

【雑貨編】空港で買えるカナダのお土産雑貨

  • Tシャツ
Canadian T-shirts sold at the airport

どこに旅行に出かけても、現地のTシャツはよくあるお土産です。思い出の品として自分用に買うのもありですね。

カナダのお土産用のTシャツはほとんどメープルの葉っぱが入っています。

観光地ならどこでも買えるTシャツですが、もう少し買い足したい、忘れていた!ということであればここでも豊富な種類の中から選ぶことができます。

 

How much?
1枚C$18です。
  • 野球帽
Candian baseball caps sold at the airport

Tシャツと同じく、野球帽もほとんど全てにメープルの葉っぱが入っています。

写真で右側の一番上は、他の帽子と違いメープルの代わりにケベック州の紋章が入っています。この帽子は、ここケベック州でしか買えない珍しいものです。

 

How much?
ひとつC$18です。
  • キーホルダーとマグネット
Keychains and magnets sold at the airport

ここでも同じくメープルの葉っぱが目立ちます。以前バンクーバーの空港で買ったのと同じキーホルダーを買ってきて欲しいと今回母に頼まれました。

モントリオールの空港で探して見ましたが、全く同じキーホルダーは見つかりませんでした。

どこの空港でもカナダのお土産はほとんど同じものが買えると思っていましたが、内容は多少違うようです。

 

How much?
キーホルダーもマグネットも1個だいたいC$7です。
  • ドリームキャッチャー
Sun catchers sold at the airport

売っている商品はすべてハンドメイド、とてもたくさんの種類がありました。

ドリームキャッチャーは、先住民族たちの間で魔除けのお守りとして作られてきた伝統工芸品です。

枕元や寝室の窓に掛けておくことで、「良い夢は中央の穴を通って眠っている人へ届き、悪い夢は編み目に引っかかって朝日と共に消え去る」と信じられてきました。このことから、今では部屋や車の窓に飾るアクセサリーとして人気のある商品です。

(OKギフトショップカナダ より引用)

How much?
サイズによって値段が違いC$15〜C$40くらいです。
  • マグカップ
Mug cups sold at the airport

メープルの葉っぱに加え、ムースやしろくまなどカナダで見られる動物の模様も見られます。

 

How much?
2個でC$18です。
  • ぬいぐるみ
Stuffed animals sold at the airport

上の段はビーバー(左側)とムース(右側)がRCMP(Royal Canadian Mounted Police)/王立カナダ騎馬警察の制服を着ています。

 

RCMPは一般の警察とはまた別でカナダ連邦政府の国家警察です。 自動車が使われる前から、馬による移動・巡回をしていたので「騎馬警察」の名前がついています。

二段目はリス(だと思う^^)とくまがカナダの国旗の入ったマフラーをしているところ。

一番下の段は犬ぞりで有名なハスキー。

 

どの動物もカナダを象徴する動物です。どれも可愛いですが、私が自分用に買うならくまにしようかなと思います!

 

How much?
1個C$21です。

【キッズ編】空港で買えるカナダのお土産

  • おもちゃ:スクールバス
Toy school buses sold at the airport

小さな子どもさん用のお土産でスクールバスはどうでしょうか?ここにももちろんメープルの葉っぱ!黄色のバスに赤く書かれていてとてもおしゃれです^^

大人でも車好きの人にはいいお土産になるかもしれませんね。

わたしは一目見て気に入ってしまいました。

 

おしゃれでかっこよく、値段も高すぎないので私のイチ押しです!

 

How much?
1個C$14です。
  • おもちゃ:飛行機
Toy airplanes sold at the airport

これも小さな子どもさん用のお土産です。エアカナダの地元なので、エアカナダの飛行機。当たり前ですが、これが買えるのはカナダだけですよ^^

 

How much?
1個C$14です。

まとめ

空港で買えるカナダのおすすめお土産の一部を紹介しました。

今回、カナダの空港ということで

  • バンクーバー国際空港
  • カルガリー国際空港
  • トロント・ピアソン国際空港
  • モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港

以上の空港を対象としました。これらの飛行場は規模が大きく、日本からの直行便が発着する空港だからです。

そして免税店内にお土産屋さんがあります。

なお、カナダドルー日本円の交換レートはおよそC$1=80円です。(2019年9月現在) 

 

カナダのお土産の買いかた、こちらの方も参考にしてみてくださいね♪

カナダのお土産12選!在住者おすすめスーパーでお得に買える【食べ物編】

2019.05.15

カナダで大人気のブランド「ルーツ/Roots」、ここの商品もカナダのお土産として人気があります!

カナダ発人気老舗ブランドルーツ/Roots ここまでカナダ人に愛される理由

2019.04.22